妊娠の届出・母子健康手帳の交付

[概要]

母子健康手帳は、妊娠の経過から出産、赤ちゃんの健康診査、予防接種などを記録する大切な手帳です。
「妊娠届出書」を提出して頂くと、「母子健康手帳」と「母と子の保健バック」(妊婦健診受診票 公費負担14回分などが入った封筒)をお渡しします。

<受付場所・時間>

  • 健康会館
    健康会館では地域で安心して子育てができるように保健師、助産師による妊娠、出産に関わるご相談や各種情報提供を行っていますお気軽にご相談ください。
    月曜から金曜:8時30分から17時
  • 子ども未来センター内(子ども家庭支援センター)
    月曜から金曜:8時30分から17時
  • 市役所 市民課
    月曜から金曜:8時30分から17時
  • 東部・西部・富士見連絡所
    月曜から金曜:8時30分から17時
  • 窓口サービスセンター
    月曜から金曜:8時30分から20時
    土曜、日曜:8時30分から17時

<妊婦サポート面接>

安心して妊娠し出産できるよう、すべての妊婦さんに保健師・助産師による「妊婦サポート面接」を実施しています。赤ちゃんやお母さんの事、仕事との両立や子育て支援サービスなど、気になっていることを相談できる場です。この機会をぜひご利用ください。
健康会館で妊娠届出をされる方は母子手帳交付時に面接を受けることができます。健康会館以外で妊娠届出をされた方は、上記受付時間内に健康推進課までご連絡頂き、ご予約の上お越しください。
健康会館の他、西砂学習館、砂川学習館でも面接を実施している日があります。詳しくは、「妊娠の届出~妊婦サポート面接~ (立川市サイト)」をご覧いただくか、健康推進課母子保健係までご連絡ください。

[対象者]

妊娠がわかった妊婦さん

[届出できる人]

原則、妊娠されたご本人の届出ですが、ご本人がおいでになれない場合は、ご家族の方が代理で届出をすることができます。その場合は委任状が必要になります。
※「妊娠届出書」には「妊娠週数」「出産予定日」「医療機関名」アンケートの記入が必要です。

[届出期日]

医療機関を受診し、妊娠がわかったらできるだけ早い時期に母子健康手帳の交付を受けてください。
(届け出る時期については特に決まりはありませんが、厚生労働省が推進している国民運動「健やか親子21」においては「妊娠11週以内」の届出が推奨されています。)

[手数料]

無料

[手続きなど詳しくは]

「妊娠の届出~妊婦サポート面接~ (立川市サイト)」をご覧ください。

妊娠の届出~妊婦サポート面接~ (立川市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく